スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛ばら肉専門のコステラリア☆COSTELARIA MOEMA

Costela(コステラ)は牛ばら肉の意味。
DSCN1821.jpg

その牛バラ肉専門のコステラリア「COSTELARIA MOEMA」

DSCN1835_20130121044431.jpg

オーブンでばら肉を焼くこと32時間余り。

DSCN1852.jpg

生では15キロだったばら肉も
脂が程よく落ちて10キロになっているんだそう。

DSCN1840.jpg

このばら肉は繊維の状態や柔らかさなどで
さらに8種類の部位に分かれていて

DSCN1861_20130121044429.jpg

ナイフが置かれている部分は
その繊維の形状からその名も「スパゲッティ」

DSCN1859.jpg

筋の部分をはぎ取って

DSCN1863_20130121050359.jpg

出てきたこちらがお肉屋さんではおなじみの
「フラウジーニャ」
今まで家でも煮込み料理なんか良く使っていたけれど
こうやって見せてもらったのは初めてでした。

DSCN1842_20130121044429.jpg

2日間じっくり焼いた
オーブンから出したてのばら肉の各部位を

DSCN1828.jpg

鉄板に載せてテーブルにサーブしてくれて

DSCN1832_20130121044722.jpg

みんなでワイワイ・ガヤガヤ食べ放題。
「あ~ブラジル」って感じで雰囲気も楽しいし、
もちろんお肉はさっぱりしていて非常にウマシ

DSCN1871.jpg

定番のクレーム・ヂ・パパイヤもしっかり頂いて
お世話になったブラジル人の方々との楽しいひと時。

DSCN1880.jpg

ブラジルの定番のプレゼントもたくさんいただいて
次は日本での再会を約束したのでした

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
スポンサーサイト

「肉はBassiだろ。」

Mさん夫妻と知り合えたきっかけはこのブログ。
DSCN0920_20121217040743.jpg

日系ブラジル人の優しくてと~っても素敵なご主人と
気さくで明るくてワンコ大好きでユーモア溢れるMさんに

花子家はブラジル生活を楽しむ術を
今までにた~っくさん教えてもらった。

サッカーの試合(それもコリンチャンス!)に
一緒に連れて行ってもらったり
大好きなシュハスカリア「Laço Aclimação Churrascaria」」も
Mさん夫妻に教えてもらって
初めて4人で食事をした場所。

DSCN0906.jpg

そして花子家が来年1月に帰国するとなって
送別会として選んでくれたのは

ブラジル人であるご主人ご推薦、

「ブラジルの送別会はだろ。」

そしてやっぱり

肉はBassiだろ。

の鶴の一声

DSCN0911_20121217040742.jpg

で、こちら「Templo da Carne Marcos Bassi」

焼きパウミット、めっちゃめちゃウマし!

DSCN0914.jpg

お肉はピッカーニャとリブアイをチョイスしていただき

DSCN0913_20121217040741.jpg

お肉だけじゃなくて前菜から付け合せから
「う~ん、これは美味しい」を連発する花子家

DSCN0917_20121217040843.jpg

デザートの焼パイナップルのアイスクリーム添えと
クレームデパパイヤも美味しくいただきました

DSCN0927.jpg

そしてブラジルの思い出にとMさん夫妻から
「Marcos Bassi氏の肉の焼き方DVD(なんと全110分)」

これで日本に帰ってからも
シュハスコができます~

さらに。
私がMさんと一緒に行ったレストランで
「可愛い~」と言っていた柄のお皿を求めて
わざわざミナスジェライス州まで車を飛ばして
買いに行ってくれた

DSCN0928.jpg

こちらのお皿&カップソーサー&ビールジョッキ

Mさん、ご主人、本当にどうもありがとう。
大切に使わせて頂きます!

そしてこれからも末永~くどうぞよろしくね

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

サンパウロ高級シュハスコ御三家

サンパウロでホジージョ(食べ放題)の
高級シュハスコ御三家といえば
DSCN0549.jpg

「Fogo de Chão」(フォゴデション)

「Barbacoa」(バルバッコア)

Vento Haragano(ベントハラガノ)

の3店

だいたい1人約4000~5000円で
ドンドン焼かれて出てくる各部位のお肉と
たっくさんのサラダバーが食べ放題。

大人も子供もみんな大好きシュハスコは

好きなものを好きな量だけ選んべるから
もちろん花子家もお気に入りで

昨日は「シュハスコ御三家」でまだ行ったことのなかった
「Vento Haragano」に行ってみました。

DSCN0551.jpg

日曜昼2時過ぎの店内は既に満員で
ウェイティングルームまでも満員…
おつまみとドリンクで待つこと15分。

席について
サラダを一頻り食べてから

DSCN0561.jpg

お肉カードを赤から緑に切り替えて
いざお肉へVamos!!

DSCN0554.jpg

お店の前で焼かれていたバラ肉とか
ピッカーニャとかクッピン(コブ)とか

DSCN0557.jpgDSCN0558_20121127021516.jpg

花子家の長の大~好物の血のソーセージ「モルシージャ」も
私の大スキな「フラウジーニャ」(ハラミ)もウ・マ・シ!!

DSCN0553.jpg

シュハスコ御三家をきっちり比較できるほど
各店舗を良く知っている訳じゃないけれど

お肉の味はそれほど変わらず、
塩加減も部位や焼く人で各店ムラがあるから
どの店がどうとは言いにくいけれど
(まあどこも美味しいです、もちろん

お肉以外で
こちら「Vento Haragano」の特徴は
ワインのメニューが地域ごとに図入りで
分かりやすくて丁寧なのと

DSCN0563_20121127021639.jpg

王道の「クレーム・ヂ・パパイヤ」も含め
デザートがどれもおいしそうだったのと
(デザートメニューも写真付きでソソられる…)

DSCN0550.jpg

お店のお姉さんたちが衣装も含め
素晴らしくお綺麗だったことでございます

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

アルゼンチンビーフの旨み

アルゼンチンビーフの代表格「ビフェ・デ・チョリソー」
DSCN9240.jpg

分厚いお肉の塊だけど簡単にナイフで切れるほどの柔らかさ、
そして何と言ってもその肉の旨み。

日本の牛肉は脂が強すぎてほとんど食べられないこの私でさえ
アルゼンチンビーフのそのお肉の旨みに感動してしまう。

赤身で淡泊で塩味だけの超シンプルな味付けのビフェ・デ・チョリソーを

DSCN9242.jpg

しっかりランチで頂く休日。

DSCN9238.jpg

アルゼンチン産の赤のMalbecとお肉がまた合うんだな
お友達にも大人気VilaMariana地区の
「Dr. Tchê La Parrilla de La Villa」(Rua França Pinto, 489)さんでした

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

Filé aperitivo

「Filé aperitivo」は「ヒレ肉の前菜」とでも訳すのかしらん?
DSCN9161.jpg

牛肉のヒレ肉の一口サイズを
香辛料で焼いたこの一品が
ちょこちょこつまめるおつまみとして
花子家ではお気に入りで

ちっとも肉食系じゃないのに
前菜なのに「野菜」じゃなくて
「肉」を頼んじゃうジャンキー感もちょっぴり刺激的

お店によっては味が濃かったり
焼き加減がイマイチだったりすることもあるけれど
ジャルジン地区で1957年から営業している
老舗のピザ屋さん「Pizzaria Camelo」の
Filé aperitivoは絶品!

しかしこれで結構お腹が膨れてしまうので
ピザ屋に行ったのにピザが食べられなくなる可能性も
大いにあるのでご用心・ご用心。

DSCN9164.jpg

こちらのピザ生地は薄型のサクサククリスピータイプ

DSCN9127.jpg

ブラジルでは手を使わずにナイフとフォークで食べるのがマナーです

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。