スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンタンゴな夜☆タンゲリア「Rojo Tango」

アルゼンチンタンゴな夜。
DSCN0147_20121112070300.jpg

高級タンゲリアRojo Tangoにて。

DSCN0093_20121112071533.jpgDSCN0094.jpg

夜8時から約2時間ゆっくりディナーを楽しみ

DSCN0151.jpgDSCN0143_20121112070442.jpg

そして生演奏をバックに繰り広げられる哀愁漂うタンゴの世界。

DSCN0112_20121112072222.jpg

男女の息の合ったそのダンスももちろんスバラシかったけど

でも私は何より

DSCN0172.jpg

ダンサーのまるで映画のワンシーンを見ているかのような

DSCN0130_20121112072829.jpg

その表情の数々に釘付けになってしまった。



この夜のベストパフォーマーは断然このおじさん!

DSCN0165_20121112070259.jpg

こうしてブエノスアイレスの夜は更けて行ったのでした。

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
スポンサーサイト

ブエノスアイレス☆パレルモ・ソーホー地区散策

藤色がとてもきれいなアルゼンチンのお花「ハカランダ」
(日本語は「ジャカランダ」)
が只今ちょうど見ごろなブエノスアイレス。
DSCN0073.jpg

昨日の強い雨で花びらが大分散ってしまっているのが
ちょっと残念だけれど
それは日本の桜と同じように
アルゼンチンの夏の訪れを告げるのだそう。

DSCN0047_20121111041807.jpg

さて。今日は雑貨やカフェやお洒落なお店が立ち並ぶ
パレルモ・ソーホー地区をゆっくり散策。

サンパウロのジャルジン地区のオスカルフレイレ通り付近と
Vila Madarena地区を足して2で割ったようなところで
ぶらぶら歩いているだけで本当に楽しい♪

DSCN0036.jpgDSCN0038.jpg

日本でもインナーウエアが人気の「Juana de Arco」は
インナーだけじゃなくてカラフルな小物たちがどれもキュートで

DSCN0065.jpgDSCN0060_20121111041808.jpg

ちょっと休憩するカフェを選ぶのに
その選択肢の多さに散在迷い

DSCN0045_20121111044943.jpgDSCN0072_20121111044943.jpg

アルゼンチンらしくマテ茶の化粧水を買ったり
こちらで買いました。ニューヨークのお店だけど
可愛い雑貨とかを見つつ

DSCN0078_20121111041807.jpg

広さ4060㎢の世界一巨大な公園パレルモ公園の植物園を散策して
只今夕刻前。いったんホテルに戻ってブログを書いているところです。
今晩は本場アルゼンチンタンゴをRojo Tangoにて鑑賞予定。
その様子は次回にて


そしてやっぱり。

DSCN0043_20121111045840.jpg

ブエノスアイレスのビーグルもポッチャリさんでした

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

ブエノスアイレス☆レコレータ地区のスイーツ散策

ブエノスアイレスあご~ら
DSCN9904.jpg

出張中の彼を追いかけて

DSCN9911.jpg

本日、1人ブエノスアイレス。
夕方到着したので暗くなる前に
ちょこっとホテルの近くのレコレータ地区を散策

DSCN9920.jpg

もちろん、お目当てあります

DSCN9913.jpg

じゃん

DSCN9916.jpgDSCN9914.jpg

こちらのお店Smeterling(HPよりも充実のFaceBookのリンクです)、
ショーウィンドーにきれいに並べられた素敵なお菓子の数々は
見ているだけで幸せ~な気分に。

DSCN9918.jpg

女性パティシエたちが
クッキーをくりぬいているのを眺めながら
店内でケーキとお茶を楽しむことができます。

DSCN9942.jpg

こちら、私がオーダーしたココナッツとクルミと
ドーセデレイチのケーキ。
甘さの控えめでとってもとっても美味しかった~

DSCN9929.jpg

さてブエノスアイレス。
一歩町を歩けばお菓子屋さんやらチョコレート屋さんやらが

DSCN9934.jpg

交差点ごとにあるんじゃないかと思うぐらい
ものすごい数!そしてどれも非常においしそう!

DSCN9922.jpg

思わず笑ってしまった
このチョコレート屋さんのショーウィンドーには
「糖尿病用の方のチョコレートあります」
との表示が

チョコレートなしの人生なんて考えられない!!!
なんて人がたっくさんいるんだろうな~

ちなみにここレコレータ地区といえば
エビータのお墓が観光スポットとして有名。
(その時の記事はこちらをクリック!)

その他にもこの辺りは高級住宅地として
数々のお菓子屋さんやカフェやスイーツが立ち並んでいるので

お時間がある方はお墓だけじゃなく
近くを散策してみるのもお勧めです。

明日はブエノスアイレスの代官山、
パレルモ・ソーホー地区を散策予定です

DSCN9900.jpg

元気になった花ちゃんは
残念ながらサンパウロにてお留守番。
でも大好きなホテルのジュリアナお姉さんに会えて
すっごく嬉しそうなのでご心配なく

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

マルコを訪ねて☆アルゼンチン・ブエノスアイレスの旅(後編)

ジェノバからお母さんを探しにやってきたマルコが
辿り着いたであろうブエノスアイレスの港町、ボカ地区。
DSCN0423.jpg

せっかくブエノスアイレスに着いたマルコは
この港町で持っていたお金全てを
だまし取られて無一文になってしまったのだけれど

DSCN0432.jpg

夢見ていた暮らしとは違う厳しい現実。
祖国への想いを持ち続けた船乗りや労働者で
溢れかえっていた港町の喧騒が目に浮かぶよう。

DSCN0425.jpg

そんな町の安酒場やバーから生まれたのが

DSCN0424.jpg

「タンゴ」だったのだそうです。

このボカ地区、当時の様子を残す
観光名所となっているのだけれど

DSCN0463.jpg

一本路地を曲がれば
そこには現在の移民たちの日常が。

アルゼンチンもブラジルと同じく
貧富の差が著しいのが現状のようです。

さて。マルコへ想いがこみ上げているとはいえ
ボカ地区ばかり取りあげている訳にもいかないので
その他の見どころも

DSCN0471.jpg

こちらは格式高いパレルモ地区の記念碑。
スペインからの独立100周年記念でスペイン系移民グループが
アルゼンチンへの忠誠を込めて贈ったというもの。

DSCN0468.jpg

そして記念碑のすぐ近くには広大な広場や公園、
美術館や博物館等が立ち並び、
市民の憩いの場となっていました。

DSCN0388.jpg

こちらは上流階級の居住地区レコレータ地区に「レコレータ墓地」
お墓のある場所によって階級を評価されるというアルゼンチン。
歴代の大統領や不幸な少女から女優、そして大統領夫人となった
あの「エビータ」のお墓などがありました。
それにしてもお墓1つでこの大きさ!
1つ1つが「ミニ教会」のようでした。

DSCN0496.jpg

その他、石畳の続くサン・テルモ地区
ドレーゴ広場の骨董市や

DSCN0510.jpg

上流階級の昔のお屋敷をそのまま残し
今はアンティークショップになっている店や

DSCN0477.jpg

観光客向けのショーではなく
地元の老若男女がタンゴを楽しむダンスホール「ミロンガ」を
見学させてもらったり
(中は撮影禁止なので残念ながら外見だけだけど)

DSCN0372.jpg

イタリア系移民の多いブエノスアイレスならではの
イタリアンレストランFiloにて
本格ピザとパスタに舌鼓をうち
(ジェノベージェパスタも絶妙~なアルデンテで最高~でした!!!)

DSCN0404.jpg

あの"Freddo"の元オーナーが出したという新しいアイスクリーム屋さんPersicco
アルゼンチンと言えば「キャラメルソース」といわんばかりに
キャラメルたっぷりのアイスをほおばり大~満足

DSCN0526.jpg

まるで海のような「ラ・プラタ川」の河口に広がる
港町ブエノスアイレス。
またいつか来たいと思わせる魅力あふれる街でした


ランキングに参加しています↓
よろしければクリックを是非お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング




マルコを訪ねて☆アルゼンチン・ブエノスアイレスの旅(前編)

子供の頃、「外国」という場所には
自分の生活と全く違う文化や言葉が
あるのだということを知ったのは

幼稚園に行く前にかかさず見ていたアニメ
「母を訪ねて三千里」

DSCN0169.jpg

子供ながらに異国の地への興味や憧れを
初めて抱いたということもあって

「母を訪ねて三千里」のマルコが
イタリアのジェノバから出稼ぎに旅立ったお母さんを
探し求めて旅をした
感動のストーリーやシーンの数々は
未だに鮮明と憶えていて

「マルコが紆余曲折して
お母さんを見つけ出した異国の地にいつか行ってみたい!」

という子供の頃からの夢が…

DSCN0214.jpg

遂に叶って来ちゃいました!
マルコのアルゼンチン・ブエノスアイレス

DSCN0409.jpg

人口のほとんどがヨーロッパ系移民で占められているブエノスアイレス。
かつてヨーロッパを旅だって肥沃な土地での裕福な生活を夢見た移民たちは
南米にありながらヨーロッパらしくありたいと願って
首都ブエノスアイレスをヨーロッパ風の街並みに築き上げてきたそうです。

街の中心部にある国会議事堂↑や
大統領府(通称:ピンクハウス)↓

DSCN0265.jpg

そして1810年5月にスペインからの独立を宣言した

DSCN0256.jpg

「5月革命」を記念して造られた広場「Plaza de Mayo」(5月広場)

DSCN0267.jpg

白い塔はブエノスアイレスで一番古いモニュメントと言われ
中にはアルゼンチン全土から持ち寄られた土が収められているそうです。

DSCN0347.jpg

こちらはミラノのスカラ座、パリのオペラ座と合わせて
世界三大劇場となる「Teatro Colon」(コロン劇場)

DSCN0330.jpg

立ち見も含めると一度に4000人もの観客を
収納することができるというコロン劇場。
1階の椅子席と6階までの観客席があって
その大きさとゴージャスな作りに圧倒

DSCN0323.jpg

かつてはヨーロッパで話題になったオペラは
1ケ月も経たないうちにここで上映されていたそう。

DSCN0312.jpg

シャンデリアやステンドグラスなどの装飾品の数々は

DSCN0297.jpg

パリなどその当時の最高級品が
ヨーロッパから持ち込まれたものだそうですが

DSCN0313.jpg

こちらの部屋はアルゼンチン独自の芸術品で装飾されていて
スペインからの独立後、多くのヨーロッパ人を招待して
アルゼンチンの富と権力を見せつけたり
新アルゼンチンを作るために財閥や政治の重鎮たちが利用していた部屋だそうです。

DSCN0342.jpg

劇場内ガイドツアーで1時間、豪華な舞台裏の数々をたっぷり堪能。
この日はたまたま子供向けのミュージカルが開催されるということで
地元のお子様たちがちょっとおめかしをして
劇を見に来ていました。みんなとっても可愛い

DSCN0484.jpg

ところでブエノスアイレスのダウンタウン。
同じ南米サンパウロに比べてとても清潔&安全な雰囲気。

そしてスペイン語で
「ブエノス=良い」、「アイレス=空気」というだけあって
空気がとっても綺麗で澄んでいて気持ちが良いのです。

オベリスク↓を中心として整備されている道も
片道7車線でとっ~ても広々。

DSCN0360.jpg

観光客も街を歩く人のほとんどがヨーロッパ系の人たち。
それ以外はペルーやパラグアイ、ウルグアイなどの
いわゆる私たち日本人の祖先といわれている人たち。

アフリカ系の移民や日系人の多く住むサンパウロとは
何だかとっても違った雰囲気をもつ街でした。

DSCN0228.jpg

今回移動手段は徒歩やこちらの地下鉄「Subute」(スブテ)を活用。

DSCN0231.jpg

一回乗車で行く先に関係なく1人1.10ペソ(約30円)。
地下鉄もとても清潔で安全です。

DSCN0277.jpg

車両はとてもレトロ~な雰囲気!
まるで「博物館の展示品」級の古さなのに物凄く綺麗。
(ついつい「サンパウロだったらあり得ない…」と
悲観的になってしまう悲しい私

DSCN0278.jpg

東京に地下鉄を作ろうと計画していた日本から
当時視察団が派遣されて銀座線が完成したというこのスブテ。

DSCN0280.jpg

ドアだって手動でこの女性の車掌さんが開けてくれました
古いものと新しいものがうまく両立できているのが素敵だな~と。

DSCN0176.jpg

お食事は世界一美味しいといわれる
「アルゼンチンビーフ」を堪能

はっきり言って全く肉が得意でない私が
「美味しい」と思う程
赤みでさっぱりしていてそして柔らか~いお肉でした。

今回行ったレストランはこちら→〝cabana las lilas"

DSCN0181.jpg

旅の後半はあのマルコが初めてブエノスアイレスの地を踏んだ、
そしてアルゼンチンタンゴの発祥の地でもある「ボカ地区」からスタートします
次回もどうぞお楽しみに~





おまけ
DSCN0552.jpg
預け先のマイラさんから戻ってシャワーも浴びて
すっかりお疲れかと思いきやタオル遊びに無我夢中の姫。
タオルを取られまいと只今必死の抵抗を見せております
どうやら心配ご無用だったようです


ランキングに参加しています↓
よろしければクリックを是非お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング







Author by Sayoko / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。