スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルバドール観光ゴールデンコース☆最終編

涼しげな風に吹かれてサルバドールの街並みを見渡せるこちらは
DSCN6876.jpg

通称「奇跡の教会」と呼ばれている

DSCN6884.jpg

「ボンフィン教会」

DSCN6875.jpg

ここで祈りを捧げたことで
病気やケガから回復した人たちが
感謝の気持ちとして教会に送ったという

DSCN6877.jpg

数多くの写真や手や足のマネキンたちが陳列されていました。

DSCN6885.jpg

ボンフィン教会脇にある2軒のお土産物屋さんにて
黒人密教Candomble(カンドンブレ)の神様の像や
黒人のマリア様の置物や
"Olho de boi"(オーリョヂボイ=牛の目)と呼ばれる
(何かの)植物の種でポルトガルでメジャーなお守りだったりを購入。

こちらは観光客向けのお土産物屋さんでもあるし、
同時に地元の人が実際に使用している宗教的な品物も数多く置いてあって
お店の人にその意味を教えてもらいながら
品物を選ぶことができてとても興味深かったです。

時刻は午後3時ごろ。
夕日を見にあのエレベーターのある
Souza広場に向かう道すがらちょっと立ち寄ったのは

DSCN6902.jpg

Monte Serrat(モンチ・セッハ要塞)

DSCN6895.jpg

要塞のすぐ下では地元の人がビーチでのんびり~で
ワンちゃんだってご主人様と海水浴

この日は金曜日。平日の昼すぎに
透き通る海と太陽の日差し、そして気持ちの良い砂浜の下で
暑ければ海に入り、また体を乾かすためにビーチに横たわる
というスタイルが生活の一部となっているサルバドールの人たち。
São Pauloのような都会ではありえない
生活の豊かさを見た気がしました。

さてさて。
お次はお土産物タイム~ということで
夕日を見るエレベーター前の下町にある民芸品市場、
Mercdo Modelo(メルカド・モデーロ)にて

DSCN6906.jpg

いろんなお土産物を物色
小物やバック、レース地の服、アクセサリーが
可愛くて足が止まる、止まる

DSCN6905.jpg

湾に面していて眺めも良く
今でこそお土産物屋さんやレストランなどが入っていて
観光スポットとなっているこちらの建物、
以前は地下に黒人奴隷たちが収容されていたとのこと。
ブラジルの歴史上、避けては通れない場所の1つだと思います。

そうこうしていて時間の感覚もなく
買い物に没頭していた私にCalorinaさん、一言、

「夕日沈むよ~いったん買い物中断でエレベーター登ろう!」

ということで急いでエレベーターを登って

DSCN6928.jpg

サルバドールの

DSCN6930.jpg

美しき夕日なり~~

夕日を堪能したその後、
先程のお土産物屋さんメルカド・モデーロにまた戻り
6時の閉店ぎりぎりまで
再び買い物にいそしんだのは言うまでもありません

今回サルバドール2泊3日という超ハードスケジュールにもかかわらず
観光王道コースを見事な時間の使い方で案内してくれたCalorinaさん。
次は夜、8時からミゲルサンタナ劇場で行われる
郷土芸能(Baleo Folclorico)のショーに
連れて行ってくれました。

DSCN6944.jpg

とても小規模なで観客とステージの堺がほとんどないと言っても
過言ではないこの劇場。
過去の暗い歴史を通じてアフリカとブラジルの文化が
融合して生まれてきた
サンバや黒人密教カンドンブレーや
カポイエラを芸術的に表現したショーは
見ていて本当に鳥肌が立ってしまうほど素晴らしく、

独特な太鼓のリズムと女性たちの太く伸びた歌声、
躍動感と表現力にあふれたダンサーたちの力強い舞いにもう釘付け!!

写真撮影が禁止だったので
つたない言葉でしか表現できないのがとても残念なのですが
絶対にお勧めのショーです!行かれる方は是非!!!

DSCN6660.jpg

ちなみに黒人密教カンドンブレは
アフリカから奴隷として連れてこられた黒人の間で生まれた宗教で
水や火や雨や虹、死や闘いなどそれぞれの力をもった
15人の神様(オリシャ)がいるとされています。
神聖な儀式としてのカンドンブレは
いつでもすぐに見学するという訳にはもちろん行かないのですが
サルバドールで年間を通じて現在も行われている様々な行事は
カンドンブレのオリシャ様に関することが数多くあるのだそうです。

DSCN6950.jpg

そしてショーも堪能して、お腹がすいたら
地元の人に大人気のレストラン「Lambretas Grill」さんにて
お店の名前にもなっているサルバドール特有の貝
「Lambreta(ランブレッタ)」のグリル、こちらはカレー風味。

DSCN6951.jpg

そしてネギとニンニク風味。
ランブレッタは小ぶりでアサリとシジミを足して2で割ったようなお味。
どこか日本の味に通じるようなネギ&ニンニク風味と
スパイシーなカレー風味、どちらも絶品なり~~

DSCN6952.jpg

さらに「シーフードのシンフォニー」というネーミングも可愛い
ミックスシーフードの炒め物(あっさり塩味が最高!)と
そのスープを程よく含んだジャガイモ、
これをペペロンチーノ風パスタと一緒に食べれば
もうもうサルバドール満喫

この日、朝から文字通り夜中まで1日中付き合ってくれたCalorinaさん、
「休憩も取らずに1日フル回転しちゃって疲れたでしょ。
でもかなり王道のサルバドール観光ができたよ!」
と気遣ってくれる優しさにただただ恐縮…

Calorinaさんの貴重な1日をフルに独り占めして
すばらしいサルバドールの魅力を堪能させてもらって
感謝・感謝の2日目だったのでした。

DSCN6990.jpg

2日目に私が泊まったのは「Pousada Noa Noa」という
バーハ要塞前の可愛らしいお宿。

DSCN6959.jpg

で、こちらがバーハ要塞。
1598年に建てられたんだそう。
青い空に堂々とした佇まいが見事です。

DSCN6983.jpg

朝ごはん前に要塞の周りをぐるっとお散歩してきました。

DSCN6972.jpg

ここでも朝から犬と仲良く海水浴。
次回は花ちゃんと一緒に来たいな~

DSCN7068.jpg

キリスト像の丘でもう一度コリンちゃんと一緒にお散歩して

DSCN7020.jpg

みんなでサルバドールの海を眺めながら
次の再会を誓った私たち

DSCN6851.jpg

どこまでも青い空と

DSCN7049.jpg

すみきった海

DSCN7090.jpg

そして歴史的建造物が残り
独特の文化を生み出してきたサルバドール。
その魅力をたっぷり紹介してくれたCalorinaさんに
この場を借りてもう一度お礼を述べたいと思います!

そして今回の旅、サルバドールを熟知しつくされた
Calorinaさんの視点からご紹介されているこちらのブログ
合わせてどうぞご覧くださいませ♪

DSCN7060_20120503225728.jpg

サルバドール在住のコリンちゃんならではのベストショット~

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
スポンサーサイト

サルバドール観光ゴールデンコース☆前半

この時期にしてはとても幸運なことに
サルバドール2日目の朝も綺麗に晴れ渡って
DSCN6754.jpg

旧市街のジェズス広場にある
「バジリカ大寺院」(Catedral Basilica)の
裏庭からの眺めは

DSCN6692.jpg

海と空のブルーがとても美しく

DSCN6682.jpg

1650年代に建てられたという寺院は
朝日の光が全体的に色の抑え目な薄暗い内部を見事に照らして
荘厳な雰囲気を醸し出していました。

DSCN6684.jpg

1549年から214年間、ブラジル最初の首都として
砂糖産業を中心に繁栄を極めたバイーア州・サルバドール。

ポルトガルとはじめとする入植者の文化と
奴隷として連れてこられたアフリカからの黒人文化と
土着民インディヘナの文化が溶け込んで
独特の雰囲気を作り出したサルバドールの旧市街は
ユネスコの文化遺産にも登録されていて見どころが満載!

DSCN6695.jpg

まずはバジリカ大寺院のとなりに併設された
「バイーア連邦総合大学医学部」にてお会いしたこの方…

DSCN6693.jpg

なんと1920年代サルバドールで黄熱病の研究をされていた
「野口英世」博士!!
1000円札でおなじみのこのお顏、
まさか日本から遠く離れたブラジルで
お目にかかれるとは思ってもみなかったな~

DSCN6699.jpg

お次はブラジルの代表的な18世紀のバロック建築である
「サン・フランシスコ教会」

DSCN6717.jpg

通称、「黄金の教会」と呼ばれているのが納得の金ぴかぶり!

DSCN6725.jpg

先程の「バジリカ大寺院」に比べて彫刻や装飾の繊細さは
ややかける印象だけれど
こちらはその金の量で圧倒されました。

DSCN6729.jpg

キリストに抱き着く聖フランシスコ像。
フランシスコ派のバイーア州最初の基盤だったというこの教会は
植民地時代の混沌の中で様々な人々の想いを
受け止めてきたのでしょう。

DSCN6703.jpg

私が特にこの教会で魅かれたのはチャペルの金ではなく
外の回廊に張り巡らされた37点のポルトガルタイル画。
「妬むことはいやしいこと」「働くことは喜ばしい」
などと書かれた1枚1枚のタイルを
眺めながら1周するとたくさんの教えを受けたような気持ちになりました。

DSCN6710.jpg

「その昔から人と犬は共存していたのね~」なんてCalorinaさんと話しながら
サンフランシスコ教会を後にして次に向かったのは

DSCN6741.jpg

石畳の道に植民地時代の建物が残る「ペロウリーニョ広場」

DSCN6748.jpg

奴隷市場だった建物や
ブラジルの国民的作家「Jorge Amado」の記念館(写真左のブルーの建物)
などがある旧市街の中心地。
サルバドールの芸術文化団体「オロドゥン」が
マイケルジャクソンと共演した「They Don't Care About Us」のもこの広場。



こんな感じで午前中は旧市街を巡って
お土産物を買ったりしてすごした私たち。
(ちなみに私がサルバドールらしい油絵を買った
サンフランシスコ教会近くのお店
「GALERIA DE ARTE KOISA NOSSA」さんは
いろんなアーティストの作品が置いてあってとてもお勧めです!)

既にお昼近く、お腹もちょうどすき始めたころ、

「旧市街はまた後で戻ってくるから、ムケッカ食べにボートに乗ろう!」
と私が行きたいようなところをヨクヨク分かってらっしゃる
またまたとっても魅力的な提案をしてくれたCalorinaさん

DSCN6769.jpg

「あとでこのエレベーターに乗って夕日が沈むのを見るよ~」
と車の中で教えてくれてまずはお昼ご飯にVamos!!!

DSCN6805.jpg

向こう岸はただの住宅地、でも月~木曜日までしか営業していないという
地元の人お勧めのムケッカが食べられる
庶民派レストランがある船着き場に到着♪

DSCN6795.jpg

次の船が出るまで約15分。
「デザート先になっちゃうけどおいしいジェラートあるから食べよう
と船着き場の近くにあるこれまたお勧めのジェラート屋さん
Sorveteria da Ribeiraさんにて

DSCN6800.jpg

数あるフレーバーの中から
あのイヴェッチがビデオクリップで食べていたという
「Coco Queimado ココケイマード(焦がしココナッツ)」(写真右の薄茶色)と
これまたサンパウロでは見たことのないフルーツ、
「GRAVIOLA グラヴィオラ」(お兄さんが取っている白いアイス)をチョイス。

焦がしココナッツのジェラートは
淡いキャラメル風味がめちゃめちゃ美味しく
初めて食べたグラヴィオラはライチとレモンのミックスしたような
サッパリ&スッキリのお味でウ・マ・シ

サンパウロにあったら通ってること間違いなし!!
サルバドール、なかなか奥が深いぞ~~

DSCN6807.jpg

そうこうしているうちに船の出発時刻が迫ってきたので
片道1へアイス(約50円)のチケットを買って

DSCN6808.jpg

「いざ、ムケッカ!!!」
といっているのは私たちぐらいでこちらのボート、
対岸の人たちにとっては生活の足。

この日、太陽がギンギンで日差しがかなりきつかったのだけれど
海で風を切って進むてボートは快適そのもの。

DSCN6821.jpg

約10分のボート移動で対岸に到着して

DSCN6848.jpg

ちょっとファベイラチックな地域を歩いて5分ほどのところにある
一見普通のランチョネッチ風のこちら、
「鶏の口」という意味のレストラン「Boca de Galinha」さん

DSCN6827.jpg

中に入ると満員で大人気!!!

DSCN6829.jpg

メニューは手書き
ムケッカ直球勝負!!って感じがなかなかすばらしい~

DSCN6842.jpg

で、わたくし人生初のムケッカなり~~

写真で机も含め何もかもみんな黄色ぽく撮れてしまったのだけれど
右のエビたっぷりなのがムケッカ、
左手前が「Pirão」というお芋をマッシュしたもの
左奥が「Feijão frasinha」というタイプのお豆とオクラの煮たもの、

DSCN6843.jpg

それをご飯にそれぞれかけて
お好みでピメンタ(唐辛子)をかけていっただきま~す

予想以上にサッパリしていて
いろんなハーブやスパイスが効いていて
エビがごろごろ惜しげもなく入っていて
ご飯が進む!進む!!!
São Pauloだとイタリアンパセリが使われるところを
コリアンダーが使われているのもコリアンダー好きにはたまりません~~♪

DSCN6845.jpg

オーナーのおじちゃんも

DSCN6847.jpg

そのご家族の皆さんもみんな良い笑顔
お宅にお邪魔して地元のムケッカを頂いたような
温かい気持ちにさせてくれる素敵なお店。

DSCN6864.jpg

ビーチを見下ろしながら海風に吹かれて
食べられるロケーション(緑の矢印のところ)も最高でした。

DSCN6867.jpg

「あ~お腹いっぱい」で再び対岸へもどった私たち。
この日の午後の部は明日の続編にて!



おまけ
DSCN7125.jpg
最近めっきり登場回数が減ってしまった我が花ちゃんは
今日ももちろんご機嫌さんです

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング


サルバドール「プチ留学」

「サルバドール一人旅」といっても
1人なのは航空機の中だけで
サルバドール到着後にはお友達のCalorinaさんに
全ての行動をお任せ♪という頼りっきりの旅だったのだけれど

着いた初日は

「愛犬のコリンちゃんと遊んだり
お子さんのサッカーを見たりして
普段のCalorina家にお邪魔したい!」

という何とも一方的なお願いを踏まえて
旅のプランニングをしてくれたCalorinaさん♪

DSCN6573.jpg

到着後に連れて行ってくれた
サルバドール名物「アカラジェ」をつまんだ
ビーチの見えるレストランを後にして
一路向かったのはこれまた空港近くにある

DSCN6578.jpg

真っ白な砂丘にある湖、「Lagoa do Abaeté」(ラグーア・ド・アバエテ)
まさにサルバドールのレンソイス♪

地元の学生たちがダンスの練習をしていたり
恋人たちが寄り添っていたりと
静かでのんびりとした雰囲気の公園にある砂丘と湖。

もちろん泳げるこちらの湖、
足の角質を食べてくれるお魚さんも住んでいるとか…

サルバドール、ちょっと移動すれば
ビーチで泳げたり魚がとれたり
(実際アカラジェを食べているときにビーチで
釣ったタコを抱えているおじさんもいたし)

そしてこんな白い砂にうかぶ湖で泳げたりと
都市でありながら自然豊か。
でも都会とはちょっと違ったの~んびりした雰囲気で
とにかく気持ちがいい!

日本に住んでいてブラジルのことを何も知らなかった頃
「ブラジルってきっとこんな感じなんだろうな~」
と想像していたブラジルってまさにこんな感じ。
強烈な日差しに白い雲、真っ青なビーチ、
そしてゆ~ったりとした時間が流れていました。

DSCN6655.jpg

ちなみにこちら、
「赤信号まであと何秒かが分かるカウントダウン式信号」

サルバドールがブラジルの先駆者として取り入れているそうで
これ、人も車も交通マナーのむちゃくちゃなサンパウロにも
是非導入してほしいな~

こうして車を走らせること数十分、
Calorinaさんのお宅で遂にドキドキの初対面!

DSCN6613.jpg

コリンちゃ~ん会いたかったよ~

DSCN6589.jpg

花よりちょっとお姉さんのコリンちゃん
とにかく大人しくてとってもとってもお利口さん
お客さんが来ても飛びつきも吠えることもないし
とにかくママが大好きで絶対にママから目を離さないのです。

DSCN6611.jpg

ママのそばに寄り添ってこうやって静かにしていることなんて
お子ちゃま花にはありえないことで…
同じビーグル、同じブラジル生まれでここまで違うとは
飼い主がどうやって接するかがいかに大切なのか痛感しました

DSCN6619.jpg

さて、その後コリンちゃんのお散歩にも
同行させていただいた私。
ご自宅から5分歩けばそこはもうビーチ!う~んウラヤマシイ!!

DSCN6624 - コピー

昼間の日差しが和らいで
海風が気持ちいい夕方のビーチには
お散歩をしたり、ベンチに座って海を眺めている人たち。

コリンちゃんもさすが海辺の住人だけあって
青い海が良く似合っていて満面の笑みでした

DSCN6635.jpg

さて夕方過ぎになってCalorinaさんの御長男のコイ君の
サッカーの試合を見に行った先は
ご自宅から徒歩で数分内にあるスポーツ施設。

こちら、銀行の福利厚生で作られた施設だそうで
プールやサッカー場をはじめ
いろんな活動ができるようになっていて
沢山の人が思い思いのスポーツを楽しんでいました。

社交ダンスを練習しているグループや

DSCN6636.jpg

空手の道場もあって

DSCN6633.jpg

サッカーも小学生とは思えない技の持ち主ばかり。
さすがサッカー大国ブラジル!

Calorinaさんによると、このクラブチームではとにかく試合、試合で
その中からゲーム感覚を身に着けさせるようにするのが指導方針だとか。
日本のようにまず基礎練習から、というのとはちょっと違うらしいのだけれど
素人の私が見ていて「面白い」と思う試合を
小学生がしているのだからブラジルサッカー恐るべし。

この日私たちの目の前で
2ゴール、2アシストと大大大活躍のコイ君。
ゴールを決めた後の格好いいポーズを
興奮していて写真に収め忘れたという大失敗をしてしまいました…
Calorinaさん、コイ君本当にごめんなさいね

DSCN6637.jpg

夕食はまたもCalorinaさんご一家におじゃま虫をして
皆で近所にある外ごはんが気持ち良い開放的なBarにて美味しいご飯

DSCN6647.jpg

こちらは「Carne de Sol com Aipim Frito」
「Carne de Sol」は太陽の肉、つまり干し肉のことで
そして「Aipim」(アイピン)はお芋の一種。

「São Pauloにはなくてサルバドールならではの食べ物を」
といろいろとオーダーしてくれたCalorinaさん。
Carne de SolもAipimも今までに食べたことのない味と食感で
塩加減も控えめなくらいでとても食べやすく美味し!!

DSCN6643.jpg

「Bolinho de Peixe」は白身魚のコロッケ。
バカリャウ(干し鱈)のコロッケはサンパウロでもあるけれど
白身魚のは初めて。干し鱈より塩味が控えめで優しい味で美味しかったです。

DSCN6646.jpg

そしてこちらはこれまたサルバドールならではの貝、
「Sururu」(スルル)のスープ「Caldo de Sururu」
スルルは小さなアサリみたいな貝で臭みもないし
マンジョッカなどのお芋のとろみやネギやスパイスなどの味付けが優しいスープ。

「私たちはいつだって飲めるから全部飲んでいいよ」
というお言葉に、ついつい遠慮のかけらもなく
1人で全部飲んでしまうほど美味しかったのです

そしてお肉のピッカーニャも絶品だということで
玉ねぎたっぷりのピッカーニャも頬張ったのだけれど
出来立ての湯気ホッカホカのピッカーニャを撮ったはずの写真は
湯気でボッケボケで正体不明となってしまうという
これまた大失敗をしてしまったのでした…

今回の旅、Calorinaさんのご厚意で
普段のサルバドールの生活を体験させていただいた私。

道を歩けば日本人や日系人に必ず出会ったり
日本語で買い物もできるSão Pauloとは違い
主にアフリカ系の人が多く住むサルバドールは
同じブラジルといえどもサンパウロとは雰囲気が全然異なっていて

その中でいろんなご苦労を乗り越えて
今のサルバドールの生活を楽しんでいらっしゃる姿を見て
自分のサンパウロ生活やポルトガル語の勉強などについて
いろいろ考えさせられたし、もっといろんなことに挑戦しなくちゃと
思わされた私。

まだまだ着いたばかりだったけれど「プチ留学」させてもらったような
サルバドール1日目だったのでした。

DSCN7079.jpg

「ママ、このおばちゃん明日もウチ来るの?」

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

サルバドール(浮気)旅行記 ~序章~

みなさまお久しぶりです
私花子、今月まさかの2度目のホテル滞在に
かなり不満気味でございます。

DSCN5393.jpg

というのも、この数日間、父は通常通りのお仕事に、
そして母はなんと私を置いて1人旅立ってしまった訳で

この愛すべき私を置いて
母は一体全体何をしていたのかというと

   ・
   ・
   ・

DSCN7036 - コピー

サルバドールのお友達calorinaさんとその愛犬コリンちゃんのところに
遊びに行っていたのです!!!!!

Calorinaさんとはビーグル犬オーナーということで
お知り合いになったのがきっかけで
母がダメだったポルトガル語検定試験も
超~ハイレベル取得という
母にとってとても頼りがいのある憧れの先輩であるCarolinaさん。

「花ちゃん連れていつでもおいでよ~」

と言ってくれていたお言葉に甘え
私花子と父を置いてサルバドールを満喫してきた母の旅日記

空港に迎えに来てくれたCalorinaさん、
小腹がすいた私を連れて行ってくれたのは
まずは空港から車で15分ぐらいのイタプアン海岸にある

DSCN6559.jpg

サルバドール名物の「Acaraje アカラジェ」屋台。
お豆や玉ねぎなどをすりつぶした生地を
デンデ油で揚げたものに

DSCN6554.jpg

エビやお野菜やトウモロコシの粉をベースにしたピューレなどをのせて
お好みでピメンタ(唐辛子)をかけて食べる
サルバドール版の「お好み焼き」的庶民の味。

揚げ立ての生地のサックサク感に
サッパリお野菜となめらかピューレと
エビがアクセントになって

DSCN6568.jpg

ピメンタのピリ辛具合もサルバドールの暑さに相まって
う~~ん美味し!!!!

DSCN6570.jpg

ちょっと甘いものが食べたいときには
「Bolinho de estudante」→「学生ボール」という名の
もちもちタピオカ(おもちの触感にかなり近い!)を揚げて
シナモンシュガーをまぶせた
こちらはサルバドール版「揚げパン」

これも意外とさっぱりしていて食べやすい!
学校帰りの学生さんが買い食いしていたからか
そのネーミングも可愛い~

DSCN6565.jpg

とかなんとか言いながら
屋台はこんなビーチに面した気持ちの良~いロケーション。

すでに肌寒い日の続くSão Pauloから飛行機で約2時間半弱、
サルバドールに到着してすぐにこの風景に辿り着けば
一気に身も心もリゾート

ここから幕を開けた2泊3日のサルバドール旅行。
Calorinaさんの超~スペシャルホスピタリティーにより
通常の観光とは一味違った
地元在住ならではのサルバドールを満喫することとなりました

DSCN6586.jpg

「続きが待ちきれないわ!!!」byコリン

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。