スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町のお食事処

最近ブログ更新から遠ざかってしまっていましたが…

デジカメのバッテリー充電器も含め
日本から送っている荷物もろもろが未だ手元に届かず、
遂にバッテリー切れで画像が撮れなくなってしまい…

「画像が撮れるようになったら更新しよう

っと軽く考えていたら
ほぼ2週間近く経ってしまったので
やむを得ず文字だけブログで更新です。

サンパウロは昨日から冷たい雨が降り続き、
フリースや薄手のコートを着ていても
やや底冷えするぐらい。

かなり本降りだな~と思っていたら
夏のほぼ毎日起こるバケツをひっくり返したようなスコールに比べたら
今の乾季の雨は「おしめり程度」とか。

雨でしょっちゅう停電するという雨季の夏。
一体どんな雨なんでしょう…

話題を変更して。
今日は先週までに行った
近所のお食事処をちょっとご紹介

まずは一般的な町の食堂「ポルキロ」屋さん。

「ポル」は英語のper(=~につき)
「キロ」はkgで、
いわゆる「1キロにつきいくら」の量り売り食堂。

SINH'ANA


ビュッフェスタイルで
お肉・お魚・豆・野菜・お米などの中から
自分の好きなものを好きなだけ採れるのが嬉しいところ。

至る所に「ポルキロ」屋さんがあって
サラリーマンや近所の方々で平日のお昼でも
週末でも込み合っています。

お次はブラジルの代表料理シュラスコのレストラン(=シュラスカリア)。
サンパウロにもいろいろなシュラスカリアがありますが
かなりの有名店なのがここ↓

FOGO DE CHAO (フォゴデション)

テーブルに置かれたコースターが緑と赤の両面になっていて
緑にして置くと「GO」のサイン。

各部位の串焼きをもった店員さんが

「股肉です」とか
「サーロインです」とか
「ヒレです」っと

引っ切り無しに「わらわら」とやってきて
大きな肉の塊から1切れ切ってくれます。

お肉があまり得意でない人も
ビュッフェスタイルの野菜バーがあって
新鮮な野菜料理を好きなだけ食べることができて

周りのお客さんを見てると
ほとんど野菜ばっかり食べている人や
反対に肉!肉!している人もいて
とても自由で良い雰囲気。

最後は多種多彩なブラジル料理の中の1つ。
ミナス地方の料理屋さん。

「a mineira」(アミネイラ)

ここでもやはりビュッフェスタイルで
お肉と豆を使った何十種類もの煮込みがいただけます。

ブラジルの方は「食べ放題大好き」なんでしょうかね~






















関連記事
スポンサーサイト
Author by Sayoko / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。