スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙製品とアルコール除菌

ワールドカップ、オリンピックと
世界的大会を控えている
ここブラジルでは

経済の発展とともに
インフレ整備が推し進められている段階です。

とはいえ残念ながら、まだまだ貧富の差も多く、
生活環境も充分とは言えない面も多々あって

その中でもちょっと慣れないな~と
感じてしまうのが、ブラジルのお手洗い事情。

「トイレットペーパーは流さないでゴミ箱に」
というのが基本的な考え方。

オフィスやホテル、公共の場所などでも
トイレットペーパーはゴミ箱に。
(場所にもよるそうですが。)

もちろん、紙を流さないからといっても、お手洗い等は
アルコールできれ~いに掃除をしてくれているので
特に不潔さは感じませんが、

でも「使ったら流す」が当たり前でないのが
ちょっととまどうところ。

紙の品質もピン切りで、
比較的柔らかめの
トイレットペーパーがこちら!

Photo0081.jpg

おじさんがトイレットペーパーを頬で撫でている
一度見たら忘れないパッケージ

価格は8ロール(もちろんシングル)で
500円ぐらいと、お高めなのですが。

Photo0082.jpg
スーパーにはいろんな種類のアルコール、除菌用品が並んでいます。

ちなみに日本でおなじみの
ティッシュペーパーも
いちおう売ってはいますが、種類も少なく
あまり品質も良くないので、

この「NEVEおじさん」のトイレットペーパーが
一番柔らかくて
日本人にはなじみのある感触ではないでしょうか。

以前どこかで
「日本は世界一のティッシュペーパー消費国」
というのを読んだことがありますが

紙製品と日本のトイレ環境のありがたみを
感じている日々です。

















関連記事
スポンサーサイト
Author by Sayoko / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。