スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外の診断結果

まだ何となく本調子じゃなくて
すぐに横になりたがる花を連れて
動物病院に診察に。

DSCN8242.jpg

いつもより心なしかゆっくり歩く花。
でも朝ごはんも通常通り、お腹の調子も良さそうだから
とりあえず歩いて行ってみる。

病院に着いて今までのいきさつを話して
先生が花の体を触診し始める。

目、口、耳、体温、異常なし。

お腹をさすっても異常なし。

そして背中。
先生が触れたある一か所の背中の筋肉が
「ピクッ」と収縮。

何度触っても同じ。
結構激しく背中の真ん中、
腰のあたりの一か所の筋肉が収縮。

先生一言、
「腰の痛みですね。
骨(ヘルニア)なのか筋肉なのかはまだ分からないけど」


    ・
    ・
    ・

DSCN8243.jpg

そういえば確かにここ最近腰の辺りをなでると
筋肉が収縮することがあって…

そしておしっこやうんちの体勢をとる時
何とな~く違和感があるような動きをしていたことは確か…

でも「仁王立ち」も「ジャンプ」もいっぱいするし
恥ずかしながら花が腰に痛いところがあるんだとは
全く気付いてあげられなかったダメダメ飼い主…

先生によると花につけた虫除けとの因果関係は
証明できないけれど
もしかしたら薬を付けられた後に暴れた際
前からちょっとおかしくしていた腰を
さらに悪くしてしまった可能性はあるということ、

また、今年のサンパウロの寒さのせいで
腰を痛める犬が例年になく多くなっているということ。

だから腰を良く温めて痛み止めを飲ませて
安静にしてみて様子を見てみましょうとのことで

痛み止めの注射を3本、
そして体の内部の病気の可能性も考えて
血液検査をするための血液を採取してきました。

DSCN8246.jpg

処方されたお薬右から
「Carproflan」…Anti-inflamatorio 抗炎症剤(犬用)
「Dorless」  …Analgesico opioide オピオイド鎮痛剤(犬猫用)
「Novalgina」 …Analgestico e antipiretico 鎮痛剤兼解熱剤(人間用。薬局で購入)

今日採取した血液検査の結果は明日分かるので
その結果次第ではお薬の変更もありうるとのこと。

ちなみに血液検査で調べる内容は
「Hemograma」… 血液中の赤血球・白血球・血小板の数の検査
「Ureia」  … 尿素
「Creatinina」… クレアチニン(腎機能検査)
「ALT+FAL」  … アルカリホスファターゼ(肝機能検査)

「Teste Erlichia」…エールリヒア症(ダニ媒介性疾患)
「Borrelia」   …ボレリア症(マダニを媒介とする細菌感染症)
「Dirofilaria」  …フィラリア(犬糸状虫)
「Anaplasma」   …アナプラズマ症(マダニを媒介とする発熱性疾患)

の以上8項目。
お値段それぞれ臓器系の検査が145へアイス(約5800円)、
感染症の検査が156へアイス(約6300円)。

その他、診察料や血液採取、痛み止め注射等もすべて込みで
本日は621へアイス(約25000円)ナリ。

DSCN8251.jpg

花ちゃん今はとにかくゆっくりお休みね…

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。