スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体にやさしい家庭料理

ブラジルの家庭料理で良く使われる、Couve(コービ)という青菜。
日本では青汁でおなじみのケールの葉。

DSCN0672.jpg

ケールはキャベツ科の仲間だそうで、
市場や食堂などを見ていると、
ブラジルではキャベツよりも
はるかにポピュラーな緑黄色野菜。

色の鮮やかさも味の濃さも
とても強いけど、
苦味はそれほどきつくありません。

DSCN0675.jpg

良く洗って、丸めて細切りにして
ニンニクと塩で軽く炒めていただくことが多いようです。
(スーパーにはすでに細切りにしてパック包装に
なったものも売られています)

DSCN0673-1.jpg

黒豆と塩漬け肉の煮込み「フェイジョアータ」にも
(圧力鍋で煮込む前)

Photo0103.jpg

牛肉のテールと野菜の煮込み「ハバータ」にも
一緒に添えられることの多いのが
栄養満点のケール炒めです。

そしていつも感心させられることに、
我が家のスーパー主婦ファシネイラさんの料理は
どれもとっても味が深いのに
調味料は小さじ1杯程度の塩とにんにくだけ。

こしょうも、もちろんお醤油も
一切使わないで
素材の味を存分に引き出しています。

ブラジルでは
「forte(フォルチ)」(=強い)味の料理が
好まれるらしいのですが、

決して塩の強いものばかりではなく
素材のそのもののもっている味でシンプルに
食べる家庭料理の魅力があります。









関連記事
Author by Sayoko / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/10-18415b7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。