スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンパウロのお手伝いさん事情

2011年5月発刊の雑誌「Veja Sao Paulo」に掲載されていた
サンパウロの〝Domesticas"(ドメスティカス)、
いわゆる「お手伝いさん」事情。
(☆写真と記事は一切関係ありませんご了承ください)

Photo0719.jpg

日本語で一口に「お手伝いさん」と言っても
その仕事内容によっていろいろな種類があって

主に赤ちゃんや子供のお世話をしてくれる
〝Baba″(ババ)さんや

掃除、洗濯、アイロンがけ等が
主な仕事の〝faxineira"(ファシネイラ)さん

ファシネイラさんの仕事に加えて
料理や買い物なども行う〝empregada"(エンプレガーダ)さん
(住み込みとそうでない場合)

そしてお年寄りや体の不自由な人の
介助や身の周りのお世話を
専門に行う仕事などがあるのだけれど

Photo0710.jpg

記事の中でとても興味深かったのが

その1:
サンパウロでの労働人口の割合が
2006年から2010年にかけて
約11%増加しているにもかかわらず
(2010年現在約925万人、特に女性の割合の増加が著しいらしい)

この4年間でお手伝いさん全体の人口は
4%減少したために(2010年現在約63万2千人)
結果、お手伝いさんを見つけるのが
より困難になっているということ

その2:
2006年からの4年間で労働者全体の所得は
約8%の増加だったのだけれど
お手伝いさん全体の所得の増加率は約21%で
どの職種よりも著しく高かったこと

Photo0600.jpg

その3:
そしてサンパウロのお手伝いさんは…

95%が女性で
19%しか義務教育を終了しておらず
49%が肌が黒く
64%が正式な契約をしている訳ではなく
23%が1家族以上の仕事を受け持ち
45%しか社会保障制度に加盟していない

というのが現状のようです。
(「あなたのファシネイラさんは字が読めるの?」と
ポルトガル語の先生に真顔で聞かれて
若干カルチャーショックでした…)

DSCN3734.jpg

その他、
「どんな場所であなたのお手伝いさんが他の人に狙われているか」や
「良いお手伝いさんを保持する10カ条」や
「お手伝いさんVS雇い主の本音トーク」なども掲載されていて

まだ全部読めていないのだけれどとても興味深い記事なので
よろしければ是非こちらからご覧ください~。

日本のようにバックナンバーを購入しなくても
ネットで以前の記事が読めるのがブラジル。

あまり詳しく分からないけれど
著作権とか放映権とかも日本よりはるかに緩~い感じがします。

普段我が家も週に2度
当たり前のようにファシネイラさんに
来てもらっているのだけれど
(我が家のスーパー主婦ファシネイラさんの記事はこちらをクリック

DSCN3901.jpg

サンパウロのお手伝いさん事情、
より複雑になってきているようです。


ランキングに参加しています↓
よろしければクリックを是非お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング









関連記事
Author by Sayoko / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

お手伝いさんと言うと、やはり家族以外の人だし
プライバシーをまる見せで。。。って思っちゃうので
やっぱり慎重になりますよね。
でもファシネイラさんは良い方で、sayokoさん、いい人
見つけましたよね。
お手伝いさん事情、ずいぶん複雑になりそうですね。

Re: No title 

ポキママさん
最初の頃は家の中に他人が1日中いる感じに
なかなか慣れなかったのですが
最近は生活のすべてをさらけ出しております(笑)
でも言葉の問題や人なので相性もあるだろうし
とても難しいですよね。
日本だったらまずあり得ないので
経験と思ってお願いしています。

No title 

お手伝いさん、日本では身近にはない文化だから、
戸惑うことも多いのが正直なところです。
人を雇うって、とっても難しい!!
sayokoさんのブログは、いつも勉強になりますね。
ポル語で記事を読んでいるのも、ホント見習わなければ。
そうそう、関係ないけど、今朝壁にいるもじ男を発見しました。
やっぱり我が家にも巣食っているようです。。。

Re: No title 

りきぞーさん
ファシネイラさんに来ていただくのも
たしかに一長一短ですよね。
掃除や洗濯に自分だけのこだわりというか
決めごとみたいなものもあったりすると
それを説明したりその様にやり方を変えてもらうのも
何となく言いにくかったりして・・・
我が家は「壁のもじ男」はあまり遭遇していなく
もっぱら「床のもじ男」です((+_+))

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/197-497f1848
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。