スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル音楽の名曲☆ジャヴァンの"Samurai"

とある日、タクシーに乗っていたらラジオから聴こえてきた心地よいメロディー
DSCN3812.jpg

私:      
「こっこの曲、誰が歌っているんですか?」
運転手さん:
「これは"Djavan"だよ、ブラジルではとっ~ても有名な歌手さ」
私:
「これ、何てゆう曲なんですか?」
運転手さん:
「う~ん、分からないね~、この曲が終わったらきっと紹介されるんじゃない?」

ということで2人で曲紹介のコメントを待っていたのだけれど
コメントなし、で次の曲・・・とブラジルではありがちな流れ
すると運転手さん、

「あのね、御嬢さん(ブラジル男性は女性にはとっても優しいのです)、
インターネットで見てみなよ。きっとすぐに出てくるよ。スペルはD・J・A・V・A・Nだよ」

と親切にも教えてくれたので早速調べてみたらこの曲、
すぐに見つかってそして曲のタイトルがなんと・・・

DSCN3814.jpg

「SAMURAI」(侍)

メロディーからは想像の及ばないこの和風なタイトル!!!
しかし、ラジオからたまたま流れていた曲に耳がとまって
そして調べてみたら曲名が「侍」だなんて、

日本人としては翻訳しない訳にはいかないでしょう~~

ということでまたまたやってきました「勝手に翻訳シリーズ」

luz.jpg

ちなみにこの曲「Samurai」は1947年生まれのDjavan(ジャヴァン)が
35歳の時にリリースしたアルバム、「Luz」に収録されています。

そして当時32歳だったあの「スティービー・ワンダー」がフィーチャリングで
ハーモニカを吹いているということでも有名な名曲だそう。

こちら↑アルバム「Luz」(ルース=光)、
とても美しいジャケットです。

それではまずは曲をお聞きくださいませ



そして歌詞はこんな感じかと

「Samurai」 侍

Ai...
Quanto querer
Cabe em meu coração..       
僕の心は
どれだけ君への想いを満たせるだろう

Ai...
Me faz sofrer
Faz que me mata
E se não mata fere.
苦くていっそ死んでしまいたい程なのに
僕はただ傷つき痛みを感じている

Vai...
Sem me dizer
Na casa da paixão
僕に何も告げることなく
情熱の館へと向かった君

Sai...
Quando bem quer
Traz uma praga
E me afaga a pele..
僕の皮膚に疫病をもたらすように
去って行った君

Crescei, luar
Prá iluminar as trevas
Fundas da paixão...
広がれ、深い情熱の闇を照らす月光よ

Eu quis lutar
Contra o poder do amor
愛の力に立ち向かいたかったけれど

Cai nos pés do vencedor
Para ser o serviçal
De um samurai
勝者の下にひざまずき
僕は侍のしもべとなった

Mas eu tô tão feliz!
Dizem que o amor
Atrai...
それでも僕はこんなにも幸せを感じている
人は言う、
「愛は人を魅了する」と。


・・・・ここまでやっておきながら、
はっきり翻訳合っているのか全く分かりません!!!!

「情熱の館」って何?とか
いきなり「侍のしもべ」ってどうゆうこと??とか
突っ込みどころ満載とは思いますが
そんなあなた!どうぞよりベターな訳をご連絡くださいませ

DSCN4136_20120217025410.jpg

素敵なメロディーはどうやら犬も魅了されるようです

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
関連記事
Author by Sayoko / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

うんうん、ステキな歌!
ゆっくりお茶飲みながら本読んでる時に流れてほしいです。

しかし、侍のしもべに笑っちゃいました。
今まで一切侍の雰囲気がなかったのに、唐突すぎる登場 爆
つまり、失恋して侍のしもべになった人の歌ですね!

Re: タイトルなし 

うこんさん
メロディーがきれいな曲ですよね♪
わたしもいきなりの「侍のしもべ」には笑ってしまいました(^_^;)
失恋した恋敵は日本人だったのか??
なんて変なことまで考えちゃったりして(笑)
(でもブラジルなんで日系人ということは大いにあり得ますが・・・)
他の曲もまた翻訳してみようと思っていますので乞うご期待♡

 

この曲、私も大好き!ジジャヴァンと言えば、この曲ですよね~。
サンパウロ在住時に、ライブに行ったことがあります。すごく良かったよ♪
ぜひチャンスがあれば、生ジジャヴァンを聴きに行ってみてね!

そして自慢なんだけど(笑)、
私、サルヴァドールのレストランで彼に遭遇したことあるのさ!
その時、彼の目の前で、サムラ~イ♪と歌った私。
でも、サムラ~イ、っていう歌詞じゃなかったんだ(汗)
ア~イ、とか、ヴァ~イ、って言ってたんだ!
と、sayokoさんの記事で気付いた次第。あはは。

で、この歌詞、翻訳すごく難しいです。
昨日、ブラジル人の生徒さんと一緒に翻訳にトライしました。
辞書に載ってない表現がいっぱい!
後日、ブログにアップするね~。
歌で覚えるポル語、楽しいのでこれからも続けましょ♪

Re: タイトルなし 

Calorinaさん
おおっ!!「ジジャヴァン」っていうんですね、この人(笑)
何て読むんだろう~と思ってたんです。
日本では「ジャヴァン」と言っているらしいのですが
ポルトガル語読みが分かってすっきりです。
そして彼のライブにも行って直接会っているだなんて
さ~すがお姉さまですね☆
ましてや「サムラ~イ♪」と歌ったなんてもう最高!!!
ぜひぜひこのポルトガル語初心者をお助けくださいませ!!!
姉さまの翻訳、首をなが~くして待っております♪

 

昨日、イタリア人の友人とチャットをしていて、DjavanのSamuraiが出てきました。YouTubeで早速聴いてみて、とても気に入ったのですが、何故"Samurai"???友人に聞いてみても、ポルトガル語が理解できないらしく、ラブソングだという事だけでした。翻訳ありがとうございます!でもやっぱり何故"Samurai"?って印象はそのままですが・・・すみません。少しでも意味がわかって良かったです^O^

Re: タイトルなし 

Silkさん
コメントどうもありがとうございます!
私も勝手に翻訳してブログに載せておきながら
未だに「なぜにいきなり侍??」って思います(^_^;)
一体どうゆうイメージ何でしょうね…

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/353-03d5d5e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。