スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3泊4日マチュピチュへの旅 ~ウルバンバ編~

初代インカ皇帝パチャクテク王の
DSCN5672.jpg

視線の先に広がる

DSCN5689.jpg

クスコの街並み。

タカ航空にて早朝サンパウロを出発、リマ経由で
クスコに到着したのはお昼過ぎ。
いよいよ3泊4日のマチュピチュへの旅が始まりました

今回の旅の目的は
「ゆったりのんびりマチュピチュ遺跡を堪能!」
ということで
(結果的には若干ビリっ!!とスパイスの効いた
旅になったのですがそれは後程

まず第一日目は
標高3399mのクスコから約80Kmにある
標高2871mの谷間の町「ウルバンバ」に宿をとった花子家。

事前に頼んでおいたホテルの専用送迎車にて
アルマス広場↑にある

DSCN5688.jpg

ラ・コンパニーア・ヘスス教会や

DSCN5687.jpg

カテドラルや

DSCN5699.jpg

インカの石材建築の精巧さに圧倒される
石壁に囲まれた道などをちょこっと見学した後
クスコ市内を抜けてウルバンバに出発!

DSCN5756.jpg

快適な車内でこんな雄大な景色を眺めながら
約1時間10分の移動。

DSCN5753.jpg

心配していた高山病もクスコの街に着いた時に
前頭部のあたりが若干ぼんやりした感覚があったものの
ウルバンバに向かう車中ではすっかり解消していました。

DSCN5774.jpg

そして到着した「ウルバンバ」の街。
ガイドブックによるとその標高の低さと
温暖な気候からクスコ市民にとっての保養地とのこと。

でもそもそも私たちがここに宿泊を決めたのは
標高の低さ以外に
是非是非泊まってみたいホテルがあったから。

それがこちらの

DSCN5850.jpg

"Tambo del Inka a Luxury Collection Resort & Spa"

DSCN5778.jpgDSCN5781.jpgDSCN5851.jpgDSCN5849.jpg

約2年前に建てられたこちらのホテルは
自分が今、ペルーの山間の小さな町にいるとは思えないほどの
ラグジュアリーな気分と
最高のおもてなしを味わえる極上ホテル。

しかも「マチュピチュ遺跡」行きの列車が
このホテルの敷地内から出発するので利便性も抜群。
そしてまだ列車のことも含めて
認知度がそんなに高くないので
至って静かで価格もお値打ちと至れり尽くせりなのです!

DSCN5786.jpgDSCN5788.jpg
DSCN5784.jpgDSCN5785.jpg

アメニティーも清潔度も文句なしだし

DSCN5859_20120417013524.jpgDSCN5860.jpg
DSCN5862.jpgDSCN5864.jpg

ホットバスやサウナ、そしてプールも自由に使えるので

DSCN5874.jpg

「泳ぐ!」

DSCN5866.jpg

そして「浸かる!」
(この時点で「高地では運動は控える」なんて高山病対策、
全然忘れてしまっていたのだけれど特に問題なし

としばし移動の疲れをとり
夕食までの間ホテルの外にお散歩に出かけてみました。

DSCN5797.jpg

高地の乾燥していて澄んだ空気の中で
時間がの~んびりと流れていました。

DSCN5837.jpg

町の広場。
噴水の先端はトウモロコシ!

この日の夕食で初めて食べたのだけれど
白に近い薄い黄色で粒が大きくて
味と触感は「そら豆」のようなトウモロコシ。
今まで食べたことのない味でとても美味しかったです。

DSCN5834.jpg

途中、地元民の台所、食料品市場があったので
中を覗いてみると

DSCN5804.jpgDSCN5801.jpgDSCN5805.jpgDSCN5799.jpg

数10種類はあるジャガイモたちやトウモロコシ、
穀物や豆や野菜やお肉たちやが。

DSCN5833.jpgDSCN5819.jpg

日本だったら「みそ」とでもいうのでしょうか、
様々なペッパー(唐辛子)とビネガーとニンニクのソース。
路上で鉄板に焼かれたお肉とジャガイモにもこのソース、
ペルー料理には欠かせないこのペッパーペーストを
自分でも作ってみたくなり…

DSCN5818_20120417022045.jpg

早速乾物屋さんのおじさんに「ポルトガル語」で聞いてみたら
おじさん丁寧に作り方を「スペイン語」で教えてくれました

DSCN5811.jpgDSCN5816_20120417022955.jpg

(左)「種はものすごい辛いからこうやってとってから作るんだよ~」
(右)お留守番の花ちゃんにお土産の「乾燥小魚
  
スペイン語とポルトガル語、もちろん違う単語もあるけれど
基本、通じるところが何とも嬉しい!
「ポルトガル語を勉強しておいてよかった~」と
旅行先のスペイン語圏で感じる花子家だったのでした。

DSCN5842.jpg

で、もっと簡単にソースが作れる粉上のパックも売っているとのことで(右下)
本日のマーケットでの購入品、しめて5ソル(約150円)。
サンパウロに戻ったら早速熟成ソース作りを楽しみたいと思います

そしてお待ちかねのホテルでの夕食

DSCN5876.jpgDSCN5877.jpg

熱々のピタパン(左)と
ペッパーソースとジャガイモのムース、コリアンダー風味(右)

DSCN5879.jpgDSCN5880.jpg

前菜はペルー料理の代表格「セビッチェ」(左)に
3種のペッパーソースのジャガイモスープ黒子コショウ風味(右)
(セビッチェにはあの噴水の先端にあったペルーのトウモロコシが。
ちなみに奥のオレンジ色の付け合わせは人参ではなくサツマイモ)

DSCN5882.jpgDSCN5884.jpg

メインはラムの燻製に南米原産の穀物「キヌア」添え(左)と
家鴨の煮込みコリアンダー風味のリゾット(右)

どれもオイルや塩加減が控えめで
ジャガイモや野菜の味を存分に生かしながら
とてもさっぱりしている中に
ペルー唐辛子やコショウの風味があってもう最高!!!

高山病には「アルコールは厳禁」なはずなのに
ペルービール、ワイン赤&白と
何の心配もなく傍らで食事と飲み物を楽しんだ彼は
結局この後も普段通りにお酒と食事を大いに楽しみ
これっぽっちも高山病にならずに旅を終えたので

結論としては
「高山病は人による」
んでしょうか…

もしかしたら初日に標高のやや低いウルバンバにて
1泊したことが幸いしたのかもしれないけれど
(彼の場合は最終日のクスコでもビールを楽しんでいましたが…)

心配して持ってきていた高山病対策として使われている
緑内障の薬「DIAMOX」を
高地入りする前に飲んでおくのをやめておいて良かったなあ~と。
だって症状が出る前に薬を飲むのは「有害無益」ですから。

DSCN5885.jpg

そんなこんなで1日たっぷり楽しんだマチュピチュへの旅、
第一日目終了!

明日はいよいよホテル敷地内の駅からマチュピチュ遺跡へ向かいます

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
関連記事
Author by Sayoko / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

http://felicidad375.blog9.fc2.com/ 

Sayokoさんっ!! おかえりなさーーーーい!!そして、楽しみにしていたマチュピチュっ!!うわぁ、素敵なホテル!!そうなんですよね、南米ってリゾートホテルがとても素敵なのがあるのですよねぇ。それにしても、なんて洗練されたホテルでしょう。。。お食事も何て美味しそうなんでしょう。私はチリにいた時に一番好きだったレストランがペルーに本店があるレストランだったのです。。。ペルーお料理は本当に美味しいですよね。白いとうもろこしはHOMINYでしょうか。私も好きです!これからのご旅行の様子もとても楽しみです。日本では胃を壊されたSayokoさん、ペルーでは高山病にもならず楽しまれたようで良かった!花ちゃんにも早く会いたいです!!ハルママより

 

おかえりなさい!サンパウロからだと3泊4日で行けちゃうんですね。
それなら行ってみようかななんて思ってみたり。。。
旅行記の続き楽しみにしてます(^^)

 

sayokoさんおかえりなさ~い!
って言うか、すごい!すごすぎる!
マチュピチュのイメージが変わりました☆
景色が素晴らしいのは知ってたけど
あれほどきれいなんて~
それにマチュピチュにあんな素敵な
ゴージャスなホテルがあるなんて!!
ビックリです!
思わず、パパにも見せましたよ☆
次の更新が楽しみです♪

 

おかえりなさーい!!
3泊4日だったのですね。コンパクトだけど、ポイントを絞れば必要十分な日程かしらね?

あのホテル・・・何度見ても素晴らしいよねぇ・・・。朝の空気感とか、マテ茶コーナーの雰囲気とか、もうすぐそこに感じられました。Sayokoさんの写真を見ただけで♪

それにしてもっ!
ビールもワインも飲んで平気だったとは!!ご主人、ツワモノすぎます!!!
たぶんね、実際、人によるんでしょうねぇ。事前に体質チェックできたら一番いいのになぁ、って心底思います。だって、あのお料理にアルコールなしなんて、つ・ら・す・ぎ・る…でしょ~。

続きも楽しみにしてます!!

 

お帰り~ステキなホテルですね~
そうだよね、ペルーだと高山病の心配があるものね。
あはは~スパイスの効いた旅…どんなスパイスなのか、楽しみだったりして(笑)
南米の旅は何かしらあるわな~(爆爆)
そうそう、スペイン語圏に行ってポルトガル語を喋っても会話が成り立っちゃうんだよね。
TVとか見ても大凡の内容は分かるし。ポルトガル語は素晴らしい~! 

Re: http://felicidad375.blog9.fc2.com/ 

ハルママさん
ただ今戻りました!!ペルー最高でした~
今回南米の旅の面白さに気付かされた私たち、
次はチリに行ってみたいと思っているので
ハルママさんにいろいろお聞きしたいです♪
しばらく旅行記をお楽しみいただければ幸いです♡

Re: タイトルなし 

rurueさん
旅の目的にもよると思いますが
ほぼ「マチュピチュ遺跡」だけの旅なら3泊4日で可能でした。
クスコの街とかリマとか他の遺跡も時間とお金にもっと余裕があれば
是非見てみたかったなぁとは思いますが(^_^;)
何かご参考になれれば嬉しいです♪

Re: タイトルなし 

ポキママさん
すごいですよね、ペルー!!
私も行く前とはずいぶんイメージが違って
本当にびっくりしました。
清潔だし、つつましいし、控えめだし
日本人の祖先と言われているだけあって
私たちとの類似点がたくさん見られたのも
発見でした。今後の旅行記も是非お楽しみくださいませ☆

Re: タイトルなし 

calorinaさん
ただいま戻りました~!!
そしてまず何よりこの場をお借りして
お礼を申し上げます!!!
だって今回の旅行に関してはcalorinaさんのブログを
隅~々~まで熟読して参考にさせていただいたのですから。
本当にありがとうございました!!!
このホテルもブログを読んで即決ネット予約!!しました(笑)
かなりコンパクトな旅でしたが塩田とか他の遺跡とか
行かれなかったところはcalorinaさんのブログで
充分に楽しませていただきました♪
ところで我が主人、ツワモノですかね(^_^;)
「中学生の頃は高度の高いところでテニス合宿をしてたから大丈夫」
と意味不明なことを言いながらガンガンお酒を飲んでいました(笑)
やっぱり「気にしない」のが一番の予防なんでしょうかね~
続きも是非是非お楽しみに♪


Re: タイトルなし 

MIKIさん
ホテル、ゴージャスでしたよ~
今まで泊まったホテルの中で間違いなく一番でした。
スパイス具合はですね~、「ゆったりのんびりマチュピチュ遺跡旅行」と
思っていた花子家にとってのスパイスだったので
もっと大変な思いをされている人はいっぱいいるとは思いますが
とにかくそれは第3日目に起こります…どうぞご期待くださいませ☆
ポルトガル語、サンパウロで生活していると
ある程度できるようになるとそんなに勉強する必要性を
感じなくなってしまっていたのですが
この旅行でまた俄然やる気に(笑)
ポルトガル語、素晴らしいですよね~♪

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/397-11e7976a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。