スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルバドール「プチ留学」

「サルバドール一人旅」といっても
1人なのは航空機の中だけで
サルバドール到着後にはお友達のCalorinaさんに
全ての行動をお任せ♪という頼りっきりの旅だったのだけれど

着いた初日は

「愛犬のコリンちゃんと遊んだり
お子さんのサッカーを見たりして
普段のCalorina家にお邪魔したい!」

という何とも一方的なお願いを踏まえて
旅のプランニングをしてくれたCalorinaさん♪

DSCN6573.jpg

到着後に連れて行ってくれた
サルバドール名物「アカラジェ」をつまんだ
ビーチの見えるレストランを後にして
一路向かったのはこれまた空港近くにある

DSCN6578.jpg

真っ白な砂丘にある湖、「Lagoa do Abaeté」(ラグーア・ド・アバエテ)
まさにサルバドールのレンソイス♪

地元の学生たちがダンスの練習をしていたり
恋人たちが寄り添っていたりと
静かでのんびりとした雰囲気の公園にある砂丘と湖。

もちろん泳げるこちらの湖、
足の角質を食べてくれるお魚さんも住んでいるとか…

サルバドール、ちょっと移動すれば
ビーチで泳げたり魚がとれたり
(実際アカラジェを食べているときにビーチで
釣ったタコを抱えているおじさんもいたし)

そしてこんな白い砂にうかぶ湖で泳げたりと
都市でありながら自然豊か。
でも都会とはちょっと違ったの~んびりした雰囲気で
とにかく気持ちがいい!

日本に住んでいてブラジルのことを何も知らなかった頃
「ブラジルってきっとこんな感じなんだろうな~」
と想像していたブラジルってまさにこんな感じ。
強烈な日差しに白い雲、真っ青なビーチ、
そしてゆ~ったりとした時間が流れていました。

DSCN6655.jpg

ちなみにこちら、
「赤信号まであと何秒かが分かるカウントダウン式信号」

サルバドールがブラジルの先駆者として取り入れているそうで
これ、人も車も交通マナーのむちゃくちゃなサンパウロにも
是非導入してほしいな~

こうして車を走らせること数十分、
Calorinaさんのお宅で遂にドキドキの初対面!

DSCN6613.jpg

コリンちゃ~ん会いたかったよ~

DSCN6589.jpg

花よりちょっとお姉さんのコリンちゃん
とにかく大人しくてとってもとってもお利口さん
お客さんが来ても飛びつきも吠えることもないし
とにかくママが大好きで絶対にママから目を離さないのです。

DSCN6611.jpg

ママのそばに寄り添ってこうやって静かにしていることなんて
お子ちゃま花にはありえないことで…
同じビーグル、同じブラジル生まれでここまで違うとは
飼い主がどうやって接するかがいかに大切なのか痛感しました

DSCN6619.jpg

さて、その後コリンちゃんのお散歩にも
同行させていただいた私。
ご自宅から5分歩けばそこはもうビーチ!う~んウラヤマシイ!!

DSCN6624 - コピー

昼間の日差しが和らいで
海風が気持ちいい夕方のビーチには
お散歩をしたり、ベンチに座って海を眺めている人たち。

コリンちゃんもさすが海辺の住人だけあって
青い海が良く似合っていて満面の笑みでした

DSCN6635.jpg

さて夕方過ぎになってCalorinaさんの御長男のコイ君の
サッカーの試合を見に行った先は
ご自宅から徒歩で数分内にあるスポーツ施設。

こちら、銀行の福利厚生で作られた施設だそうで
プールやサッカー場をはじめ
いろんな活動ができるようになっていて
沢山の人が思い思いのスポーツを楽しんでいました。

社交ダンスを練習しているグループや

DSCN6636.jpg

空手の道場もあって

DSCN6633.jpg

サッカーも小学生とは思えない技の持ち主ばかり。
さすがサッカー大国ブラジル!

Calorinaさんによると、このクラブチームではとにかく試合、試合で
その中からゲーム感覚を身に着けさせるようにするのが指導方針だとか。
日本のようにまず基礎練習から、というのとはちょっと違うらしいのだけれど
素人の私が見ていて「面白い」と思う試合を
小学生がしているのだからブラジルサッカー恐るべし。

この日私たちの目の前で
2ゴール、2アシストと大大大活躍のコイ君。
ゴールを決めた後の格好いいポーズを
興奮していて写真に収め忘れたという大失敗をしてしまいました…
Calorinaさん、コイ君本当にごめんなさいね

DSCN6637.jpg

夕食はまたもCalorinaさんご一家におじゃま虫をして
皆で近所にある外ごはんが気持ち良い開放的なBarにて美味しいご飯

DSCN6647.jpg

こちらは「Carne de Sol com Aipim Frito」
「Carne de Sol」は太陽の肉、つまり干し肉のことで
そして「Aipim」(アイピン)はお芋の一種。

「São Pauloにはなくてサルバドールならではの食べ物を」
といろいろとオーダーしてくれたCalorinaさん。
Carne de SolもAipimも今までに食べたことのない味と食感で
塩加減も控えめなくらいでとても食べやすく美味し!!

DSCN6643.jpg

「Bolinho de Peixe」は白身魚のコロッケ。
バカリャウ(干し鱈)のコロッケはサンパウロでもあるけれど
白身魚のは初めて。干し鱈より塩味が控えめで優しい味で美味しかったです。

DSCN6646.jpg

そしてこちらはこれまたサルバドールならではの貝、
「Sururu」(スルル)のスープ「Caldo de Sururu」
スルルは小さなアサリみたいな貝で臭みもないし
マンジョッカなどのお芋のとろみやネギやスパイスなどの味付けが優しいスープ。

「私たちはいつだって飲めるから全部飲んでいいよ」
というお言葉に、ついつい遠慮のかけらもなく
1人で全部飲んでしまうほど美味しかったのです

そしてお肉のピッカーニャも絶品だということで
玉ねぎたっぷりのピッカーニャも頬張ったのだけれど
出来立ての湯気ホッカホカのピッカーニャを撮ったはずの写真は
湯気でボッケボケで正体不明となってしまうという
これまた大失敗をしてしまったのでした…

今回の旅、Calorinaさんのご厚意で
普段のサルバドールの生活を体験させていただいた私。

道を歩けば日本人や日系人に必ず出会ったり
日本語で買い物もできるSão Pauloとは違い
主にアフリカ系の人が多く住むサルバドールは
同じブラジルといえどもサンパウロとは雰囲気が全然異なっていて

その中でいろんなご苦労を乗り越えて
今のサルバドールの生活を楽しんでいらっしゃる姿を見て
自分のサンパウロ生活やポルトガル語の勉強などについて
いろいろ考えさせられたし、もっといろんなことに挑戦しなくちゃと
思わされた私。

まだまだ着いたばかりだったけれど「プチ留学」させてもらったような
サルバドール1日目だったのでした。

DSCN7079.jpg

「ママ、このおばちゃん明日もウチ来るの?」

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
関連記事
Author by Sayoko / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/405-7b712d18

まとめtyaiました【サルバドール「プチ留学」】 

「サルバドール一人旅」といっても1人なのは航空機の中だけでサルバドール到着後にはお友達のCalorinaさかったのはこれまた空港近くにある真っ白な砂丘にある湖、「LagoadoAbaeté」(ラグーアドアバエテ)まさにサルバド雰囲気の公園にある砂丘と湖。もちろん泳げるこち?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。