スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節脱臼症

花の腰と股関節部分のレントゲンを撮りに獣医さんのところへ。
DSCN8474.jpg

先日獣医さんのチェックで
腰よりも右の股関節部分を動かすと
ずっと痛がった花。

たしかにずいぶん前から歩きながら
ちょっとしたときに右足の方を振り返って
見ていたことがあって右足が気になるようなそぶりはしていました。

DSCN8473.jpg

レントゲンを撮った結果、

DSCN8481.jpg

腰は特に異常は見られず

DSCN8482.jpg

でも、右の股関節部分が「股関節脱臼症」でした・・・

DSCN8483.jpg

(レントゲンなので右じゃなくて)左側の股関節部分、
大腿骨と臼蓋(大腿骨を覆っている股関節の蓋)との隙間が
右側とだいぶ違うのが分かります。

先生はたぶん生まれつきなんじゃないかと思うと言っていたけれど
我が家の滑りやすいフローリング事情も大いに関係があるはず…

今歩きながら痛がったり足を引きずったりしていないので
軟骨形成を助ける「コンドロイチン」や「グルコサミン」のサプリメントで
様子を見つつ、花のレントゲン写真を股関節専門医に送って
アドバイスをもらうことに。

ただサプリメントは治療ではなく対処療法にすぎず、
年齢を重ねればいずれかは痛みが出てきたり
手術が必要になる可能性があるとのこと、

そして股関節をかばうことで
腰にも負担がかかっているのではないかとのことでした。

☆体重を増やさない
☆適度に運動して筋力のサポートを促す(水泳がベスト)
☆住環境の整備(飛び乗り&降り禁止、フローリング×)

などの諸注意を聞きながら
やっぱりショックは隠せず…

でも「適度に運動」ではお散歩や滑らない場所でなら
少しは走っても大丈夫とのことで
公園で元気に走り回ることが大好きな花に
もう走らせてあげられない訳ではなくて本当に良かった。

原因が分かったことは良かったのだけれど
ショックや不安や心配な気持ちが入り混じり

でもそれと同時にサプリメントだけじゃなくて
私ができる食べ物や運動、環境について
もっともっと勉強して
この症状と付き合っていかなければと心に誓ったのでした。

DSCN8485.jpg

花にとって朗報なのは
毎日1粒のサプリメントがお肉味で美味しいらしいということです。

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
関連記事
Author by Sayoko / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

花ちゃん。 

Sayokoさん、 こんにちは。花ちゃん、脱臼だったのですね。。。それで痛かったのですね。可哀相。。。元気一杯花ちゃんだから、ついついジャンプやフローリングのフロアを駆けってしまいますものね。でも、これから少しずつ気をつけていればきっと大丈夫。我が家ももともとはフローリングでハルのために絨毯箇所を増やすようにしていますが、それでも廊下などはハルは喜んで走ってしまいます。そして、ハルも生まれつき脚があんな形なので、関節に負担が掛かっているのです。。。私たちも気をつけるようにしていますが、喜んで走っている姿をみるとどうしてもさせてしまうのですよね。Sayokoさん、花ちゃんは喜んでお薬を飲んでくれるから元気出してくださいね。

Re: 花ちゃん。 

SACHIKOさん
原因が分かったので今からできることをやりながら
この症状と付き合っていくしかないと思っています。
昨日お薬飲ませたら、さんざん口に入れたり出したりを繰り返した挙句、
結局飲んでくれませんでした…(先生によると喜んで食べるそうなのですが
やっぱり犬によるんですね)
ご飯にまぜたり芋ボールに入れたりで
分からないようにしてあげなくっちゃ!
薬以外だと、納豆とか鶏肉の軟骨などが良いらしいので
意識してあげるようにしていきたいと思います。
ハルちゃんの関節もどうぞお大事に…痛みが出てませんように…

そうなんだ・・・ 

花ちゃん股関節脱臼だったのか。。
生まれつきのってたまに聞くよね。それで痛かったのか・・・、かわいそうにね(>_<)
お薬美味しいはずなのに食べてくれないのもショックだね。色んな手を使って食べてもらわないとだ~。
前に話したかもだけど、うちの猫は昔股関節のつなぎ目を骨折してね。つなぎ目の玉みたいな部分はもうくっつかないらしく、痛みをなくすには手術して玉部分を切除するしかなくてね。。結局手術して、足の骨と腰の骨はもうくっついてないから筋肉で押さえてる状態なんだ。
それでもちょっとびっこはひいてるけど痛みはないらしく、走るしジャンプもするよ!ピアノの上までのぼって悪いことしてるしね。
生き物って強いんだなぁと思ったよ。
花ちゃんもきっと強いよ。
このまま悪化せず、痛みが緩和しますように~。

 

股関節でしたか。そうかー、でも原因がわかってよかった!
大丈夫、花ちゃん若いし、細いもの。きっと大丈夫!

フローリング、我が家も今の家に越してから滑るのが気になって、ラグを買ってみました。
バタバタ暴れるがちな場所だけですけど、踏ん張って遊びたい時とか、自分でもそこにおもちゃを持ってきて遊ぶようになったのでよかったかも(笑)
窓の外を見たくてジャンプされるぐらいならとお立ち台を用意したり(笑)、若いのにあんまり制限するのはあれだけど、ビーグルはヘルニアにもなりやすいようだしうちも日々試行錯誤してます。
花ちゃんの症状にもちょうどいい付き合い方がみつかりますように♪

Re: そうなんだ・・・ 

りお母さん
花の歩き方を見ている限り
今のところ痛そうにはしていないのが何よりだけれど
もっと年をとってから手術等の可能性や最悪のケースが
起こりうることを
今から心の準備をしておかなければいけないと思っています。
りお母さんのニャンちゃんのように強くたくましく生きてほしいよ…

Re: タイトルなし 

flatflatさん
そうですね、日々試行錯誤ですね…
小さいころから滑る環境に置いてしまっていた私にも
大きな責任があるので
これから1つずつ改善していかなければと思っています。
いつも元気だし食欲も旺盛だし
とても丈夫なんだと過信してしまっていたのかな~と反省(泣)
花もバタバタ暴れるときにマットの上に行ってくれるように
誘導してみます!

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/460-808dc34b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。