スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル語の「文法用語」に惑わされることなかれ~直説法動詞編~

もうすぐ日本帰国だからって
ポルトガル語の勉強をやめたわけじゃない。
DSCN0780_20121211015507.jpg

日本に帰ってからも
今通っているポルトガル語学校でのレッスンは継続、

今度はスカイプを通じて
同じ先生に教えてもらうことにしていることもあって
今になって俄然やる気がでてきている。

で、最近持っている文法書を読み返したり
お友達と話していて気づかされたこと。

それはポルトガル語の「文法用語」そのものが
文法理解の妨げになっているんじゃないかということ。

なので今日は「直説法」の文法用語を
ちょこっと変えて2つご紹介

DSCN0784_20121211015505.jpg

その① 直説法の
完全過去 Preterito Perfeito」と
不完全過去 Preterito Imperfeito」について。

これはお友達が

「「不完全過去」っていうから
まだ終わっていないことかと思いきや
「完全過去」も「不完全過去」もどちらも
今の時点では終わっていることなんだよね…」

と話してくれて気づかされたこと。

確かに「不完全」と聞くと
「まだ終わってない」と解釈してしまうけれど

直説法不完全過去
過去のある時点での「継続した動作」や「習慣・状態」
実際は「終了」していることを表します。

たとえばこんな感じ。
Quando eu cheguei, a Hana estava dormindo.
(私が家に着いた時、花は寝ていた。)→(今は遊んでいる)

Quando eu cheguei, a Hana estava tranquila.
(私が家に着いた時、花は静かだった。)→(今は大興奮している)

いろんなテキストを見る限り
「完全」「不完全」という言葉を使わず

完全過去」→「点過去
不完全過去」→「線過去

と置き換えるのが私は一番分かりやすくて親切じゃないか思う。

Quando meu marido chegou, eu e Hana estavamos dormindo bem.
(主人が家に着いた時、私と花は爆睡していた。)

「家に着いた」のは過去の「1点」、
「寝ていた」のは過去の一定期間の「線」。

ちなみに。
「estava」(エスターバ)は最初の「エス」が省略されて「タバ
「estavamos」は「タバモス」と聞こえるので

「線過去(不完全過去)」の活用は
「昔、ネスカフェゴールドブレンドのCMで流れていたタバダ~」」
(本当は「ダ」バダ~だけど…)と覚えています

DSCN0783_20121211015506.jpg

その② 直説法の未来形について

直説法の「過去未来形」とか「現在未来形」っていう言葉を
最初に聞いて「あ~そうなのね」って
納得できる人はスゴイ!!と私は思う。

未来形なのに過去?!現在?!と
ポルトガル語の活用を覚える前に
その文法用語で意味が良く分からなくなってしまう。

まず、簡単に直説法の未来形のまとめてみると
未来のことを言うのは(完了形をのぞき)3つ、
それぞれの活用は以下の通り。

① 近未来形(Futuro Imediato)   →「動詞 ir 」+動詞の原形
② 現在未来形(Futuro do Presente) → 動詞の原形の語尾に「ei,á,emos,ão」 
③ 過去未来形(Futuro do Preterito) →動詞の原形の語尾に「ia,ia,íamos,iam」  

それぞれの意味の違いについて
基本的に①と②は単純に未来のことを表すという意味でほぼ同じ。

違いは①は話し言葉で良く使い、
②は書き言葉、新聞などによく登場する形というだけ。

だから個人的には
①の「近未来形」を「話し言葉の未来形
②の「現在未来形」を「書き言葉の未来形

と覚えています

DSCN0787_20121211015506.jpg

そして③の「過去未来形」。
意味は主に3つ。

① 過去の時点から見た未来の動作・状態    
   A veterinaria disse que a Hana ficaria bem.
     獣医の先生は花が元気になるうだろうと言った。

② 現在の事実に関する仮定(反実仮想)の帰結節
    Com mais tempo, nos viajariamos com Hana.
    もっと時間があったら、花と旅行できるのに。
    
③ 希望や意志の丁寧な表現、および推量など断定をさける表現 
    Poderia falar mais devagar? もう少しゆっくり話していただけませんか。(丁寧) 
    Seria interessante. 面白いだろうね。(推量)


①②③どれも使うのだけれど
どうも「過去未来形」という言葉でこの3つが出てこない…。
でもここで

「過去未来形」は英語の「would」(に近い!)

と考えると意外とすんなり理解できるのは
中学英語を勉強した人なら納得してもらえるハズ。

よってポルトガル語の未来形3つは

①「話し言葉の未来形」
②「書き言葉の未来形」
③「ざっくり英語の「would」の使い方」

として個人的にはまとめています

そして英語のwouldに近い「過去未来形」の活用の覚え方は
いろいろ意味があって覚えるのを挫折しそうになる気分で
「もうい~や(ia)」…って呟いてみてください

はっきり言って自己満足ですが
文法用語に惑わされている人、
結構多いんじゃないかな~と思って
まとめてみました。

ここまで長々とお付き合いくださった方、
どうもありがとうございました。
ご意見・ご批判、お待ちしています

そしてお嬢様はもちろん、

DSCN0774_20121211015505.jpg

「そんなことドウデモい~」と仰せでございました

ランキングに参加しています↓
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング
関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

素晴らしいです♪お2人とも! 

Sayokoさん、

こんにちはぁ。
Sayokoさんのお勉強熱心さには本当に感動です。
私もチリにいた時は、本当に頑張って勉強し、2年もいなかったのですが、困らない程度に話せるようにもなっていたのに、その後、怠ったために、今ではすっかり使い物になりません。
Sayokoさん、日本に戻られても頑張られてくださいね!そんなこといわれなくてもSayokoさんならそうされると思っていますが、きっと素晴らしい物になるでしょうね。
そして、、
花ちゃん!!!!
昨日のボールを咥えているお写真にも実は感動していたのに、コメントを残せず。。
父ちゃんにも「ほらほら、花ちゃん、見て~!」と言って見せたら、どこが口でどうなっているのか最初は分からなかったそうです。
あんな大きなボールをいとも簡単に咥えてしまう花ちゃんの気質に感動しました!
やはり気質です。。。。
ハルも少しは花ちゃんみたいに、頑張ってもらわないと!

Sayokoさん、いよいよお忙しいのでしょうね。
どうぞご無理されませんように。

ハルママより

 

きゃ~適当に喋って生活していたワタクシには意見・批判もできませ~ん(笑)

ちっちゃい事だけど会話の最後に「ネ」って言うのが気になって…
後々「nao e 」の事だとわかり(笑)
あと「ター」もあったわ。「タ ボン」なんだよね(爆)
そうそう、ブラジル人と犬の話をしてた時に「サン・ベルナルド」一瞬えっ?人の名前?
よくよく考えたら「セントバーナード」の事なんだよね。
…と私の語学力はこの程度です(爆笑)

帰国当初を振り返ると…私って怪しい日本人だったな~
会話の相づちが「あーえー」になっちゃうし(汗)
店員さんを呼ぶのに「オーイ」って言っちゃったし(汗)
そうそう「お稽古」の言葉が出てこなくて「アウラ」を連発して…(滝汗)
語り出したらキリがないのでこの辺でやめておきます(爆笑)




Re: タイトルなし 

MIKIさん

私もきっと日本で「オイ~」とか「オラ~」が
口からでてきてしまって
変な顔をされる気がします(^_^;)
日本で女性はまずこの言葉は使いませんものね。
「サン・ベルナルド」、私も一瞬、
どこか土地の名前??って思いました(笑)
それから親指を立ててOKのジェスチャー、良く使いますが
これも日本だとあんまり使わないですよね。
(使うのはお笑いの芸人さんぐらいかな…)
「郷に入れば郷に従え」で3年未満でも
結構ブラジルの習慣が身についてしまっているんだな~と感じています。






Re: 素晴らしいです♪お2人とも! 

ハルママさん

花のボール、そんなに感動していただけるとは(^_^;)
もう1つ付け加えると、実はあの大口でボールを加えたまま
「ボール奪ってみてよ!!」って吠えることができるんですよ~
りきぞー先生から「花ちゃん、器用!!」って
褒められました~
ドスのきいた野太い声がボールを加えることによってこもるので
耳に優しいです(笑)

病院の診断結果、大きな問題が見つかりませんように…

トラックバック

http://sss880.blog112.fc2.com/tb.php/597-5d89f4ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。